2017年4月26日水曜日

2017年4月15日土曜日

4月15日(土)京都市I Love You,OK

2017年4月15日(土)1st.15:00~ 2nd.19:30~

河野康弘(Piano)×Hide(Percussion)
カフェ&ミュージック キルシェ

〒600-8018
京都市下京区河原町四条下ル東入ル
 市之町239-1  招徳ビル3F
Tel : 075-746-6262

阪急「河原町」駅下車 徒歩3分
京阪「祇園四条」駅下車 徒歩6分

定休日:火曜日(祝日、祝前日は営業)
営業時間:11:30~25:00
(24時半までにご予約のお電話を戴いた場合
に限り延長可能です。)
e mail : info@kirschekyoto.com


2017年4月14日金曜日

4月14日(金)Earth Harmony in KYOTO 2017 事前トーク&ライブ

arth Harmony in KYOTO 2017 
事前トーク&ライブ at 堺町画廊

4月14日(金)
18:30開場 19:00開演 
参加費:1,000円
会場:堺町画廊 Tel.075-213-3636
京都市中京区堺町通御池下ル
ご予約はinformation@sakaimachi-garow.com
地球ハーモニーin京都実行委員会・きょうと教組
【問】075-252-6771(きょうと教組)


★ジンバブエ共和国とジャナグルのお話し 高橋朋子(アートディレクター、アートジャナグルセンター代表)
南部アフリカにある内陸国で、かつての南アフリカ同様に人種隔離政策「アパルトヘイト」が行われていました。1980年イギリスから独立。独立後も激しい内戦が続き多くの犠牲者を出し、経済も失業率94%という最悪のインフレ率という社会的にたいへんな国でした。このような状況のなか生まれ、育っていかなければならない子供たちの存在に強い問題意識を持ち現地で暮らし教育支援活動を行う日本人女性が高橋朋子さんです。
高橋さんは、アフリカ出身のレゲェミュージシャン「ボブ・マーリー」の影響を受け、1986年にジンバブエの首都ハラレ市に移住。音楽なしには一日が始まらないというジンバブエの伝統音楽の継承を目指し、コンサート企画や音楽教室を始める。さらに音楽を通じて教育支援を行う学校、ジャナグル・アートセンターを建設。ジンバブエのストリート・チルドレンや孤児など、恵まれない境遇にある子どもたちを引き取り、現地に伝わる伝統的なドラムなどの楽器の学習や演奏活動を通じて、教育の機会を与えている。このジャナグル・アートセンターでは、子どもたちの実践的な演奏活動を通じた国際交流を重視しており、普段の練習や活動、教育の他に、日本各地での演奏旅行を行っています。

★地球ハーモニーのお話し&弾き語り 河野康弘(ジャズ・ピアニスト、地球ハーモニー代表)
1991年湾岸戦争をきっかけに平和と環境をテーマに活動をはじめピアニストとしてできる環境活動は、と考える。山の木を伐採してつくったピアノが約450万台も眠っていることを知りピアノの利用が地球との共生と考え1992年からピアノの再利用をはじめる。1996年南アフリカへピアノを寄贈して演奏に行く。音楽はすべてを超えて人類が仲良くなれる神様の贈り物、を実感。
南アフリカから多人種のキッズコーラスを招いて1998年8月5日に地球ハーモニーコンサートを広島・原爆ドーム前で始める。 パレスチナ、ピョンヤンにも演奏に行き音楽での交流を通じて人々の暖かさを感じる。
2012年2月・放射能で汚染された東京から京都に拠点を移し核の無い世界、平和で健康な暮らしを願って活動。


 

2017年4月6日木曜日

ママ色はうす 290台目ピアノお目覚めコンサート


第1ステージ10時半から
第2ステージ14時から
「冬眠ピアノお目覚めコンサート」
ピアノが目覚めました。



 子どもたちの笑顔は元気をくれます。


子どもたちと連弾。
素敵なジャズピアニストの誕生です。



アンコールでジャズボーカルMAMIさんも歌ってくれました。


スタッフの皆様と記念撮影


一日ありがとうございました。

2017年4月4日火曜日

ピアノ再利用活動25周年、290台、記念京都出前ツアー 期間:環境月間6月1日~10日

活動25周年、ピアノ再利用290台、記念・京都出前ツアー

環境月間6月に感謝を込めて京都を回ります!
■期間:6月1日(木)~10日(日)の10日間 午前、午後、夜の三回
■演奏時間:約1時間
■会場:家庭、幼稚園、保育園、老人ホーム、学校、公民館、などピアノがあればどこでもOK.
■ピアノ:状態は問いません。アップライト(縦型)グランド(横型)どちらでもOKです。調律していなくも大丈夫です。※ピアノがない場合はギターの弾き語り(ギターはゴミ捨て場に放置してあったギターを再生)
■公演料無料:交通費、雑費一律5,000円 
■カンパ:熊本県復興応援ピアノを益城町図書館に送ります。
■申し込み方法
①氏名②連絡先電話番号③開催場所住所⑤最寄駅④希望日時を書いてFAXまたはメールをお送り下さい。
FAX.075-406-1956 E-mail wahaha1113@yahoo.co.jp




2017年4月3日月曜日

広がれ広がれ気づきの輪

関東から滋賀県に避難なさっているお母さんが皆様に気づいて欲しいと冊子を作られました。ぜひ、購入してください。

2017年4月2日日曜日

4月7日(金)大阪市 カフェスローおおさか

森から木、木から楽器の奏でる音楽へとつらなっていく、いのちの詩
くらやみカフェ:ぴあのと朗読の夕べ
2017年4月7日(金)
<19時開場 19時半~>
<予約2500円(1ドリンク付)/当日2200円(1ドリンク付)>
 【暗闇演出人】河野康弘(ジャズピアニスト)、山本つづみ(朗読)
くらやみカフェ
くらやみカフェでは、カフェスロー大阪の店内の電気を消してキャンドルの灯りで営業いたします。
暗闇演出人による生演奏と、無農薬無化学肥料育ちの食材を使った暗闇プレートやスローな飲み物。
暗闇の中、いつもよりゆっくり流れる時間に身を任せてみたり、キャンドルの灯りに寄り添いながら、 エネルギー問題のことを考えてみたり。
オレンジ色の灯りとともに、あたたかでやさしい夜をお過ごしください。
 <タイムスケジュール>
19:00~ 開場
19:30~ スタート
21:00~ ラストオーダー
21:30~ カフェ close
 <ご予約先>(イベント名&日程・お名前・電話番号・人数・晩ご飯の有・無をご記入下さい。)
yoyaku@cafeslow-osaka.com
(定員25名)
※携帯メールからご予約の場合、カフェスロー大阪から返信する「予約完了メール」が届かない場合がありますので、受信設定の確認をお願いいたします。
※数日経ってもカフェスロー大阪から返信がない場合は、電話番号を記載の上、再度予約メールを送ってください。
※定員いっぱいの場合は、席を指定させていただくことがあります。
※ドリンクやフードは手作りしていますので、配膳まで時間がかかることがあります。
<当日連絡先>
tel: 06-7503-7392 (Cafe Slow Osaka)

カフェスロー大阪
 〒532-0028
大阪市淀川区十三元今里2-5-17 (
駅から徒歩約7分)
阪急十三駅西改札を出て、大きな横断歩道を渡る